2011年08月29日

ピックアップしていただきました


今日は主人が遅いので一人寂しくご飯をすませてブログアップです。

えっと、このブログを登録して時々モニターにも参加させていただいているレシピブログさんわくわくお買い物部今週の旬のレシピというコーナーで、8月29日〜9日4日まで、私のシナモンかぼちゃのお焼きを、旬の食材かぼちゃを使ったレシピとしてピックアップしていただいております。



P1060552.JPG




今週の旬レシピのページではいつくかのレシピがランダムに表示されますので、何度か更新ボタンを押していただくと、上の写真のように表示されます。

さて、通常、お焼きは具材を小麦粉で作った皮で包んで焼いてから蒸し器で蒸しますが、これは簡単に、フライパンで焼いてそのままお水を加え蒸し焼きにしてます。
レシピブログさんにモニターでいただいたシナモンシュガーでほんのり甘くしたかぼちゃのフィリングは大人っぽい味でなかなか気に入っています。
甘さはかなり控えめなので、お子様や甘いのがお好きな方はお砂糖を足してみてくださいね。

かぼちゃを1個買っても食べ切れない。とか、たくさんいただいたけど煮物も飽きちゃったわね〜という方、一度お試しあれ。



2つのランキングに参加しています。
それぞれのバナーをクリックしていただきますとランキングが上がるというシステムです。
1日1回の応援クリックをお願いします!!ヽ(´▽`)/


  クリックありがとう♪   にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ



posted by ひとみ at 21:23| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | スィーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

鰹のさわやかキムチ和え


レシピブログさんのモニターで、大好きな「こくうまキムチ」を戴きました!
これ大好きで、一度買ってからうちでは他のキムチを買わなくなりました。
国産なのにお値段がお手頃なのも嬉しいんですよね。

さて、届いた昨日、さっそく晩ご飯にキムチを使った簡単お料理を作りました。
白いご飯のおともにもお酒の肴にもなる1品です。



P1060542.JPG




     《 材料 》 2人分

・鰹のたたき         120g
・こくうまキムチ       80g
・おろし生姜         小さじ1
・お醤油           小さじ2分の1
・茗荷            1個
・青ネギ           2本
・白胡麻           小さじ2分の1

     《 作り方 》

1.鰹のたたきを1pくらいの角切りにしてボウルに入れ、おろし生姜とお醤油をまぶしておく。
2.茗荷は縦に4つに切ってから横にして2〜3oの幅に切り、きむちは粗みじんにして【1】のボウルに加えよく混ぜて、冷蔵庫で1時間ほどなじませる。
3.冷蔵庫から出して器に盛り、小口に切った青ネギと白胡麻を散らす。



P1060540.JPG




ポイントは茗荷!
シャキシャキとした食感と爽やかな香りが良い仕事してくれてます。
キムチ、茗荷、生姜の3つの違った辛味が絶妙だわっ!と自画自賛。
鰹はたたきじゃなくてもお刺身でもかまいませんが、たたきのほうが香ばしさも加わってより味わい深くなるような気がします。

主人も「なんか美味しいな。」と完食〜♪
土曜日でお休み前だったので、日本酒と一緒に行ってました。
そりゃ〜合うわ。

そしてなんと!昨日の晩ご飯は高級国産ブランド牛のすき焼きでした!!


ジャ〜ン!!


P1060531.JPG




大分の豊後牛です。
竹の皮に包まれたお肉なんてうちじゃ買うことないもんね!
見て見て!!



P1060532.JPG




このお肉、実は「こくうまキムチ」のキャンペーンに応募して当選し、いただいたものなのです。
これこれ、このシール。



P1060534.JPG




7月締め切り分に応募して8月の初旬に当選通知が届き、品物はこちらが指定した日に届けていただけるという段取りになっていて、「ご馳走は週末に」と、27日の土曜日にお願いしていました。
すると偶然にもレシピブログさんのモニターのこくうまキムチが同じ日に届くという!


P1060543.JPG




昨日の残りのカボチャの煮物なんかには二人とも見向きもしない…。



P1060545.JPG




お肉はたっぷり400gも入っていて、お互いに遠慮することなくガッツリ食べられました。
やわらかくて味が濃くて脂ものりすぎずほどよくて、満足満足!
もうね、「東洋漬物さまさま」な晩ご飯でした。
いただきものメインなのと、きのこ類が特売で安かったので、こんなにご馳走なのに材料費は鰹のたたきが200円とお野菜と卵と焼き豆腐で、2人分500円くらい。

そしてすき焼きの後の楽しみと言えば、牛の旨味がたっぷり染み出た煮汁で、うどんすき!!
若い頃ならすき焼き食べた直後そのままおうどん放り込みますが、そこは50男と40女(もうすぐ)。
うどんすきは今日のお昼にいただきました。(おなかいっぱいになった主人は只今爆睡中…)
小さめに握った、若布とゆかりのおにぎりも付けて。



P1060546.JPG




ふだんは冷凍のさぬきうどんを常備している我が家ですが、うどんすきの時はやわらかいゆでうどんを使用。
そのほうが染み込んで美味しい気がするから。(しかも1玉19円だった)
いや〜ほんまに、なんもかんも美味しかった!
ご馳走様でした〜♪

そうそう、「こくうまキムチ」のお肉が当たるキャンペーンは9月24日締め切りまで行われていますので、皆さんもキムチ買うなら是非是非☆
実は私、本当に「こくうまキムチ」しょちゅう買っているので、お肉じゃなくてWチャンスのほうの「こくうまオリジナル保存ケース」狙いだったんです。
そういう意味では、外れながらも大当たりという結果でした。(^_^;)

モニターではもう1種類、「とろっマヨキムチ」もいただいたので、次はこちらを使って美味しいお料理を考えます。

↓ 他にも、こちらに美味しいキムチレシピがたくさん!↓


こくうまキムチの料理レシピ
こくうまキムチの料理レシピ



2つのランキングに参加しています。
それぞれのバナーをクリックしていただきますとランキングが上がるというシステムです。
1日1回の応援クリックをお願いします!!ヽ(´▽`)/


  クリックありがとう♪   にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ

posted by ひとみ at 15:08| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

ルクエで、しめじとピーマンのお浸し


30代半ばまでピーマンが食べられなかった私。
今は大好きです。
晩ご飯の仕度をしていて「なんか1品足りないな〜」と思った時に作って美味しかったこのお浸し。
自家製の万能ダレを使うからわざわざお出汁を取る手間もなくて、ほんの数分で出来てしまうお手軽な副菜です。
お弁当にも良いですよ。



P1060523.JPG




     《 材料 》 2人分

・ピーマン         3個
・しめじ          1株
万能ダレ         小さじ2
・白胡麻          小さじ1

     《 作り方 》

1.ピーマンは縦に5mmくらいの細切りにし、しめじは石づきを落としてばらす。
2.ルクエにピーマンを敷きその上にしめじを載せ、蓋をしてレンジで2分チン☆する。
3.蓋を開けて万能ダレを加え混ぜ、そのまま冷まして、白胡麻を加え混ぜて器に盛る。



P1060522.JPG




万能ダレの代わりに市販のめんつゆでOKですが、この万能ダレはお水で割ればそのまま蕎麦つゆになるしきんぴら等の味付けにも使えてとっても便利なのです。

ルクエで調理するメリットは、暑い日に火を使わなくて良いとか時短になるとか色々とありますが、なんと言ってもお野菜が美味しくというのが嬉しいです。
ピーマンもしめじも、ぐっと味が濃くなるような気がします。

あらもうこんな時間。
今夜は、ほんの5分間くらいなのですが、ベランダから真正面に花火が上がるんです。
それまでにお風呂も晩ご飯も済ませておかなくちゃ♪
では、ちょっと短い記事ですがこのへんで。



2つのランキングに参加しています。
それぞれのバナーをクリックしていただきますとランキングが上がるというシステムです。
1日1回の応援クリックをお願いします!!ヽ(´▽`)/


  クリックありがとう♪   にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ

posted by ひとみ at 18:28| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お野菜料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

お気に入りのお皿で晩ご飯


ここ数日はずいぶんと涼しくなって過ごしやすいですね〜。
うちのキッチンには窓がない作りなので夏場は本当に暑い!
いくらお料理好きでもキッチンに立つ時間が辛いのです。
で、涼しくなって、またキッチンにいるのが楽しくなってきましたよ。

さて、ちょうど一年前くらいに主人と買い物に行った時にふらりと入った器屋さんで、奥田章さんという信楽の作家さんのとても素敵な器たちを見付けました。
それからそのシリーズを1種類2枚ずつ、ゆっくりと集めているのですが、ここのところ主人の仕事が忙しくお疲れなのでお店に足を運ぶことが出来ていません。
来月に入ったら少しは落ち着くかな〜?
9月は私の誕生日と結婚記念日があるから、それを口実にひとつ買ってもらおうという魂胆です。


これは先週の木曜日の晩ご飯。
茶蕎麦、めんつゆ、大根おろしを盛り付けた器が奥田さんの作品です。
お蕎麦に海苔を載せるの忘れちゃった。



P1060494(1).jpg




・茶蕎麦
・野菜の天ぷら盛り合わせ(蓮根、インゲン、茄子)
・イカとネギの塩炒め

お盆休みに主人と「キューピー3分間クッキング」を見ていたらその日がちょうど天ぷらで、「茶蕎麦と天ぷらがええな〜」と言っていたのを思い出し、買い置きしてあった茶蕎麦と冷蔵庫にあったお野菜で作りました。

茶蕎麦を盛ったのと同じお皿に、土曜日はちょこちょこっとおつまみ系のおかずを盛り付けました。



P1060501.JPG




あ、ちくわが倒れてる…。
この角皿はすごく使い勝手がよく、和食以外にもサンドイッチを載せたりチーズ等をオードブル風に盛り付けたりしています。
実はリバーシブルで、裏返して使ってもとっても素敵なんですよ。
またそのように使った時にはご紹介しますね。(確かお正月にお刺身を盛り付けた時に裏を使ったので、よろしければそちらを探してご覧下さい。←リンク貼れよ)

そんな土曜日の晩ご飯はこんなかんじでした。



P1060504.JPG




・おつまみ三種盛り合わせ(赤海老の塩焼き、ちくわきゅうり、おくらのゆかり和え)
・お刺身盛り合わせ
・砂肝の串焼き
・あさりの散らし寿司

※おつまみ三種盛り以外は二人分を一緒に盛り付けています。

一見豪華に見えるかもですが、実はこれ、2人分で1500円かかっていません。
赤海老は特売で6尾200円くらい。
お刺身も特売の盛り合わせで480円。
砂肝は1パック160円くらい。
あさりの水煮缶は棚換え品で140円だったものを生姜煮にして酢飯に混ぜました。
その他の材料を入れても、余裕で1500円を切ります。
そして、お寿司は多めに作ったので、日曜日のお昼にも食べました。
これだけご馳走に見えてこの原価はなかなかだと思いますが、これは週末だけのことで、平日はもっと原価低いです。

上の茶蕎麦の日など、茶蕎麦は2束で70円ほど。
(3束98円のお手頃な茶蕎麦だけど、これがすごく美味しくて気に入っています)
イカは100円くらい。
茄子と蓮根とインゲンを合わせて200円弱。
薬味や調味料を入れても2人分500円いかない原価です。

材料にお金をかけたゴージャスな献立で喜ばれるのは当たり前だろうけど、材料費はすごく安いのに主人が「おーっ!すげーっ♪」と喜んでくれると「よっしゃ〜!」って気分になります。
(*^_^*)

今日は豚の生姜焼きをメインにした晩ご飯ですが、これまた二人分500円くらいで出来ちゃいそうです♪


2つのランキングに参加しています。
それぞれのバナーをクリックしていただきますとランキングが上がるというシステムです。
1日1回の応援クリックをお願いします!!ヽ(´▽`)/


  クリックありがとう♪   にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ

posted by ひとみ at 16:33| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食器棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

自家製梅干しとベランダゴーヤ


天気予報やら私の気分やら体調やら、色々理由を付けて延ばし延ばしにしていた梅を、今日やっと干しました。(汗)



P1060492(1).jpg



…梅を干し終わったらベランダお掃除しなきゃっ!

梅は300個ちょっとあります。
去年より重さは1kg多いだけなのに数が120個ほど多ということは梅の大きさが違うってことですが、どちらかというと去年のが大粒で今年のが普通の大きさです。
午後に一度梅を裏返し、夜になったら1日目は梅酢に戻し、明日の朝また干します。
後は時々裏返しながら3日干して、瓶に入れて完成。
秋になったら解禁です。
楽しみだな〜♪


ベランダ菜園のトマトがもう終わろうとしている今になって、成長が遅かったゴーヤがようやく実を付け始めました。
ちなみにトマトは、赤く熟れても「レモン?」くらい酸っぱい出来になってしまいましたが、青くて酸っぱいトマトが大好きな主人には大好評でして…。
なんだか複雑な気持ちでしたが、ベランダトマトは主に主人が、私はお隣さんから戴いた甘〜い完熟トマトを食べていました。

そしてゴーヤはまだまだ赤ちゃんサイズのばかりですが、一番最初に実が付いたのが、まだそんなに大きくなってないのにもう熟れかけていたのであわてて収穫。



P1060486.JPG




包丁と比べたらその小ささがわかるかしら?
長さはちょうど20cmで直径は3cmしかありませんが、二人分の和え物にちょうど良い大きさでした。



P1060488.JPG




初収穫はシンプルに、サッと茹でてから、お醤油、鰹節、白胡麻で和えただけ。
小さいながらもちゃんとゴーヤの味がして美味しかったです。

これからどんどん実がなってくれるのかな〜?
これも楽しみ♪

そんな昨日の晩ご飯はこんなでした。



P1060490.JPG




・具沢山 キムチのスープ
・厚揚げをグリルで焼いて生姜醤油で
・イカゲソときゅうりのマヨ和え
・ゴーヤのおかか和え

それにしても地味なご飯だなぁ…。


ゴーヤの蔓は緑のカーテンにはほど遠い茂り方ですが、それでも植えてあるところの内側とそうでないところではあきらかに温度が違います。



P1060493.JPG




(周りの建物が写らないように撮るのは難しいね)
こんなにまだらでもゴーヤの内側に入ると涼しいのですから、もっと豪快に生い茂ったらどんだけ涼しいんだろう?と、来年は苗を増やすことを決意しました。
トマトの勉強もしなきゃな〜。



2つのランキングに参加しています。
それぞれのバナーをクリックしていただきますとランキングが上がるというシステムです。
1日1回の応援クリックをお願いします!!ヽ(´▽`)/


  クリックありがとう♪   にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ

posted by ひとみ at 11:41| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うちの常備菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

いしもちの甘酢漬け と、赤ちゃん。


いしもちが出回る時期になりました。
このあたりで「いしもち」というと(多分)塩焼きにするような大きなサイズではなく、3〜4cmの可愛らしいもの。
これがすごく安くて、こないだも300gで198円というお値段でした。
いしもちは甘酢漬けにするのが一番!
南蛮漬けよりも、お醤油が入らない甘酢漬けのほうが好みです。

分量は、写真の一皿の4倍出来る量です。



P1060326.JPG




      《 材料 》 3〜4人分

・いちもち          300g
・片栗粉           大さじ1と2分の1
・米酢            大さじ4
・三温糖(上白糖でも)    大さじ2
・お塩            一つまみ
・鷹の爪の輪切り       1本分

      《 作り方 》

1.ボウルに米酢、三温糖、お塩、鷹の爪を入れてよく混ぜる。
  (この時点でお砂糖が完全に溶けていなくても大丈夫)
2.いしもちは両手で持ち、頭をひねるようにしてちぎる。
  (小魚に見えますが頭にはとても硬い骨があるので捨ててしまいます)
3.いちもちと片栗粉をビニール袋に入れてシャカシャカしてまぶし、中温の油でカラッと揚げ、揚げたはしから甘酢のボウルに漬けていく。
4.粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、出来れば数時間漬けて出来上がり。



P1060327.JPG




この日は確か朝の7時半頃に作って食べたのは夜の8時くらい。
しっかり12時間漬けました。
もう3ヶ月以上、主人が5時半に出勤する生活で、私は4時半に起きてお弁当と朝ご飯を作って送り出した後、片付けをしたり洗濯をしたり。
おかげで1日の時間が長く使えています。
だから朝の7時半から晩ご飯の仕度が出来ちゃったりするんです。

主人が普通の勤務時間に戻ったら、慣れるまでは1日があっという間なんだろうな。

いちもちの話しに戻って、これ、主人もとっても喜んで食べてくれました。
半分とっておいたので翌日もおいしくいただきましたよ。
暑いし激務だしで疲れている主人にも良いので、毎日1品はお酢を使ったおかずを用意しています。


*********************************************

お料理には関係ないですが、昨日はとても嬉しいことがありました。
20代の頃に一緒に働いていて今でも大事な友達(年は6つ下)が、念願だった赤ちゃんを出産しました。
一昨日の夜に連絡を受け、昨日、病院に飛んで行きました。
新生児室のガラス越しに見た小さな小さな男の子は、私が見ている間ずっと良い子で寝ていて、それでも色んな表情を見せてくれて、もう可愛くてたまらん!
途中、赤ちゃんのヨダレを拭いていた友達の表情は、まだ出産して1日経っていないのにすっかりお母さんの顔でした。
やっぱり、10ヶ月近くもお腹の中で育んで、守ってきただけのことはあるな〜。

彼女は、それぞれ出ている症状は違うけれど、偶然同じ頃に私と同じ病気だということがわかって、それが原因で赤ちゃんを授かるのがとても難しくて、もう8年くらい病気と不妊と闘っていました。
その過程では当事者でないととうていわからないであろう苦しみや悲しみがありました。

よく「子供を授かるのは奇跡だ」ということを言いますし、私もそう思ったことがあります。
でも彼女を見ていて、それは少し違うのかな?と思えてきました。
彼女が赤ちゃんを授かることが出来たのは偶然でも奇跡でもなく、彼女の思いと努力、それから、それを支えたご主人やご家族の存在があってのこと。

だからやっぱり、これは奇跡ではなく「結果」なのだと思う。
彼女が頑張ってきた「結果」。
それを「奇跡」という言葉で片付けちゃ失礼な気がするんです。

世の中には不妊で苦しんでいる方がたくさんいて、私のように病気を持っていることで子供を産むことが出来ない方もたくさんいて。
私も自分の現実を受け入れるにはかなり時間がかかりました。
でも今は、子供を持てないことにも意味があるんだ思っています。
まだ具体的にはわからないけど、自分の子供を持てない代わりに、友達の子供なり近所の子供なりを「親目線」でないところから見られるということと、20代の頃に子供にエレクトーンを教えていたという経験が、この先なにかにつながるんじゃないかと、漠然と考えています。
いや、本当に漠然と考えているだけで何一つ具体的に浮かんではいないんですけど…。
もしかしたら今勉強していることも、そこに向かっているのかも?と、たった今これを書きながらはっとしてみたり。

友達の赤ちゃん誕生が、その家族だけでなく私にも何か大事なものをもたらしてくれたような気がしています。

そして私、彼女の赤ちゃんを見て、なんだか子供を通り越して孫が出来たような気分で…。
お祝いは何にしようかとワクワクです♪



2つのランキングに参加しています。
それぞれのバナーをクリックしていただきますとランキングが上がるというシステムです。
1日1回の応援クリックをお願いします!!ヽ(´▽`)/


  クリックありがとう♪   にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ

posted by ひとみ at 16:14| 岡山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

トマトのおろし和え 柚子こしょうのぽん酢ジュレで


レシピブログさんとハウスさんのモニターでいただいたぽん酢ジュレを使ったレシピ第二段です。
今回はピリッとした辛味が美味しい柚子こしょうバージョンで、火を使わずに出来るさっぱりした一品にしました。
晩ご飯のおかず全てに火を、又は電気を使わないというのは難しいけど、一品でも切るだけ混ぜるだけの簡単おかずがあると、省エネにもなるだけでなく作る側としても、暑くないし楽が出来てありがたいなと思います。

ではレシピです。



P1060313.JPG




     《 材料 》 2人分

・トマト         1個
・大根おろし       2分の1カップ
・のっけてジュレ
 柚子こしょうぽん酢   大さじ3

     《 作り方 》
 
1.トマトは櫛型に6つに切り、さらに横に2つに切る。
2.大根おろしは軽く水気を切ってボウルに入れ、のっけてジュレ柚子こしょうぽん酢大さじ2を加えて混ぜる。
3.トマトを加え和えたら器に盛り、残りのジュレをかける。



P1060314.JPG




甘〜い完熟トマトを大根おろしと柚子こしょうのダブルの辛味で和えて爽やか!
ちょっと大人向けかな?
でもこのピリッとした辛味が、夏向きで良いと思います。
大根おろしはおろした時点で味を見て、辛すぎるようならレンジで20〜30秒加熱すると和らぎますよ。
その場合は、粗熱を取って一度冷蔵庫で冷やしてから和え物にして下さいね。

副菜はさっぱりですがメインはガツン!だった昨日の晩ご飯はこんなかんじでした。



P1060318.JPG




・豚カツ 玉ねぎ入りデミソース 山盛りキャベツ
・トマトのおろし和え 柚子こしょうのぽん酢ジュレで
・きゅうりのピリ辛醤油漬け

先週の頭くらいに主人が「豚カツ食いて〜」と言っていたのを聞いていながら先延ばしにしていたので、昨日作りました。
実はもう一品、煮浸しを作っていましたが、デザートに桃もあったし、食べ切れそうになかったので今日の晩ご飯に持ち越しにしました。

今年初の桃、お隣さんに戴きました。
美味しかった〜♪



P1060312.JPG




桃をはじめとする果物の多くは私の体に足りないカリウムを豊富に含んでいるので、美味しいばかりじゃなく私にとっては嬉しいお薬でもあります。
ちょうどここ数日、久しぶりに体調悪いな〜と感じて、カリウムかしら?と思っていたところだったので嬉しい頂き物です。
桃はもう一つ残っているので今夜もいただいて、お昼はバナナでカリウム補給しようと思っています。
バナナシナモントーストにするか、バナナジュースにしてパンをかじるか、迷うわ〜♪(体調悪くても食欲は普通にあるのが悲しい…)

レシピブログのハウスのっけてジュレぽん酢アイデアレシピコンテスト参加中


2つのランキングに参加しています。
それぞれのバナーをクリックしていただきますとランキングが上がるというシステムです。
1日1回の応援クリックをお願いします!!ヽ(´▽`)/


  クリックありがとう♪   にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ

posted by ひとみ at 10:23| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お野菜料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。